クラシカホームの品質保証

クラシカホームの品質保証について

住宅瑕疵担保履行法により、新築住宅の瑕疵担保責任を確実に履行するための
資力確保措置(保険への加入または保証金の供託)が義務付けられました。
住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分(基礎や土台、柱など)と
雨水の侵入を防止する部分(サッシや屋根、外壁)に関する10年間の
瑕疵担保責任を対象としています。
これは、万一、瑕疵(欠陥)があって、それが原因で家が傾いたり、
雨漏れしたりした場合に引渡し後であっても10年間は補修するためのものです。
クラシカホームでは、義務化前から積極的に取り組み、
住宅あんしん保証の検査を受けて、保険制度を導入しています。
さらに、品質を高めるために自主的に第三者検査機関ホームリサーチの
10回検査を受けています。
デザイン性だけでなく、快適性や使い勝手はもちろん、
構造や品質にもこだわりを持って家づくりに取り組んでいます。

スクリーンショット 2016-11-06 22.42.30.png

スクリーンショット 2016-11-06 22.42.07.png