コンセプト

家づくりの楽しさを知りながら、つくろう!

「家は3回建てて、はじめて納得できる良い家ができる。」
と言われるくらい、家づくりは難しいです。注文住宅は、自由に設計でき、お好みに合わせてつくることができるメリットがあります。
住む人にとって、最高の家づくりができる可能性を秘めており、それが実現したときの喜びは我が子のように思えます。
しかし、初めて家を建てるお施主様は、建築に関する知識や経験が少ないため、コスト高になってしまったり、デザインがまとまらなかったり、検討すべきことを見落としがちになったりします。 クラシカホームは、初めての家づくりで住む人にとって最高の家をご提供できるように取り組んでいます。

クラシカホームの取り組み

・コンセプトづくり
・提案型プランニング
・資金計画シミュレーション
・3D模型で見える化
・コミュニケーション重視
お施主様の多くは、建築に関する知識や経験が少なく、今まで過ごしてきたご実家や賃貸アパートでの暮らしがベース
となっています。
また、日本の住宅は、本物とはほど遠いハリボテのような家がたくさん建てられました。結果、シックハウス症候群など健康を害する家が増えたり、20~30年も経たないうちに取り壊される家が増えました。
時代は変わり、ようやく住宅にも本物を求められる時期が日本にも訪れました。
「どんな暮らしをしていくべきか?」
そこから考え、住まいが本来あるべき姿を話し合い、住む人にとって最も良い家づくりをしていけるようにコミュニケーションを大切にしています。
そして、提案書を作成して、プラン・3Dパース・仕様書・資金計画書をもとに全体を把握し、お施主様が的確に判断できるように打合せしていきます。

素材やつくり込みを大切にしてコストダウン

・自然素材専門化
・施工環境の充実
・施工業者限定
良い素材を使って建てれば、良い家になることは分かっていても高い価格になれば、買いたくても諦めるしかありません。
コストダウンというと、大量生産や職人さんの手間賃をおさえたりしますが、クラシカホームでは、自然素材という材料に限定することや職人さんたちの施工しやすい環境をつくることなどでコストダウンに取り組んでいます。
ものづくりを真剣に取り組んでいる人は、必要な手間を省いてつくると必ず仕上げに支障が出ることを知っています。だからこそ、見えないところにも気を配り、妥協せずにつくり込みたい。作業に集中できるようにしてより良い仕上がりを目指します。
しっかりとつくり込まれた服やカバンなども型くずれしにくく、長く使うことができ、愛着があるものは手入れも苦にならないものです。
住まいも長く使うことができ、愛着をもって接することができるものであるべきだと考えています。

しっくいの家で暮らそう!

クラシカホームでは、自然素材を使った家づくりを提案しています。
しっくいには、様々な良い点がある自然素材の中でも非常にすぐれた素材です。
ご存知のように調湿効果はもちろん、脱臭、防火、防カビ、断熱性能、シックハウスの心配が無い、そして何よりもやさしく美しい自然な表情が癒してくれます。
なぜ?こんなにすぐれた素材にもかかわらず取り入れられている住宅が少ないのか?理由は2つあります。ひとつは、コストが高い。もうひとつは、すぐ汚れたり、ひび割れたりしてメンテナンスがかかりそうだといいます。
実は、しっくいは汚れにくい素材だということは 意外と知られていません。
クラシカホームは、しっくいの良さを多くの人に体感してもらいたくて、標準仕様としており、お手頃価格でご提供しています。さらに、DIY(セルフビルド)を全面サポートすることでより充実したコストパフォーマンスと同時にしっくいについての理解を深めてもらうことで取扱いやすい身近な素材とすることができました。
ぜひ、新築でもリフォームでも中でも外でも取り入れて、快適なエコライフを楽しんでください。

Do It Yourself !

お気に入りの家を自分の手で。
クラシカホームでは、DIY(セルフビルド)を 全面的にサポートします。
材料支給はもちろん。つくり方や施工のお手伝いや道具の貸し出しなどを
ご要望に応じてサポートします。
自分好みにデザインできて、かつ、コスト削減もできます。
おすすめは、しっくいで内装を塗り壁にすることや木材をつかった家具や雑貨をつくって自然塗料で仕上げることです。
大変だけどすごく楽しい。
見渡すとやれそうなことってたくさんあります。
ウッドデッキやお子さんの机、本棚やベンチなどなど。
いろいろなDIYにチャレンジすれば、マイホームへの愛着も更に湧きます。
家のことを知れば、より良くするにはどうしたら良いのか見えてきます。
より快適な暮らしを自らの手で実現していきましょう。

炎のみえる暮らしを。

『ペレットストーブ』って何?から始まるくらい日本ではあまりなじみのない暖房器具。
ペレットという木のチップを燃やして暖をとります。
ペレットは、森の間伐材からできており、環境にもやさしくなっています。
エアコンやファンヒーターと違い、乾燥しにくく、嫌な臭いもしません。
木を燃やすというアナログ的な要素を持ちながら、薪ストーブや暖炉のようにいつも火のお守りをする必要はなく、自動供給・自動着火、着火タイマー、火力や風力の調整ができ、安全装置まであり、取扱いやすいものになっています。暖房能力は、約25帖から30帖で、輻射熱は体を芯から暖めてくれます。また、炎を囲んで過ごすささやかな時間は、家族を癒し、心を豊かにしてくれて、何か大切なものを与えてくれる気がします。
人は、炎を前にすると自然と素直になれるといいます。
炎がみえる素敵な暮らしを始めてみましょう。
 

愛車と暮らすガレージライフ。

『ガレージハウス』といっても人によって使い方は様々です。
車をしまうため、バイクをしまうため、そこから直接、家にはいるためなどから
ガレージで車やバイクいじりをしたい、車だけでなく物置としても使いたい。
リビングから愛車を眺めたい。などです。ちょっとした作業スペースとして家具
をお好みのペンキ塗りしたり、ホビールームとして使う方も増えています。
ビルトインガレージは、建物とガレージを一体化することでコストダウンでき、
かつ、雨や暑い日差しから守られて家らか外出できたりするので女性の方にも
大好評です。
クラシカホームでは、目的に合わせてガレージをつくります。
ぜひ、ガレージライフを検討してみてはいかがでしょうか?